その数なんと11種類!セラミドっていろんな機能があるんです

美容に敏感な方であれば、セラミドという成分を耳にした事があると思います。セラミドというのは、外部の刺激から肌を守ってくれるバリア機能を高めてくれる効果があり、肌の保湿してくれる働きがあります。

 

赤ちゃんの肌というのはとてもプルプルしています。これは、セラミドが豊富だからなんです。セラミドの量が豊富であれば、プルプルの肌を保つ事ができるんですが、年齢と共にどんどん減少してしまう成分です。

 

アンチエイジングの為に一番大切なのは保湿ですが、この保湿を保つ為には、セラミドを補う事が大切です。セラミドと一言で言っても、11もの種類があります。水分保持やターンオーバーの促進など、種類によって働きが異なります。

 

中でも人間がもともと持っていて注目されているのが、セラミド2です。セラミド2は、水分を保持する機能が高い事が解明されており、保湿効果のあるほとんどの化粧品に含まれています。

 

乾燥肌や敏感肌、それにアトピー性皮膚炎を改善する為には、セラミドは非常に効果が高い成分で、セラミド2の他に、セラミド1、3、6を含んだ化粧品を使う事をお勧めしています。

 

セラミド配合の化粧品を選ぶ際には、働きが解明されている全ての種類のセラミドの天然セラミドや、セラミド2などの成分のヒト型セラミドと言われるバイオセラミド、このいずれかが配合されているかがポイントとなります。

 

これらの化粧品を利用すれば、肌のバリア機能をアップするのに効果があり、高い保湿効果も実感することができます。