セラミドは肌の中から潤してくれるから独特のもちもち肌に

基礎化粧品に含まれている保湿成分には様々なものがあります。例えば、アミノ酸、尿素、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

 

これらは私たちの肌にも存在しています。アミノ酸や尿素は角質層の細胞に含まれていますし、セラミドは角質層の細胞間脂質に含まれています。ヒアルロン酸やコラーゲンは、角質層のもっと奥にある真皮に含まれています。

 

これらの成分は私たちの肌の水分を保つ役割を担っています。ただし、スキンケアでは、成分を肌の奥深くまで届かせることができません。なので、真皮にあるヒアルロン酸やコラーゲンを補っても、本来の力の発揮は見込めません(表皮を潤す効果はあります)。

 

スキンケアによる大きな効果を期待するなら、セラミドを選ぶのが良いです。アミノ酸や尿素も、保湿効果はあるのですがあまり強くありません。細胞の成分を補うより、細胞間脂質の成分を補うほうが有効のようです。

 

細胞間脂質は、角質層の細胞と細胞を繋ぎとめる役割を果たしています。この機能がしっかりしていれば、奥にある真皮の水分が逃げません。さらに、紫外線やほこりなどの外部からの刺激に強くなります。

 

つまり、スキンケアによって細胞間脂質の成分を補給してやれば、乾燥肌や敏感肌の改善が見込めるのです。細胞間脂質を構成する成分には、ステアリン酸コレステロールやコレステロールエステルもありますが、細胞間脂質の約半分を占めているのがセラミドなので、やはりセラミドの補給が一番効果的でしょう。

 

乾燥肌や敏感肌に悩んでいる人は、一度、セラミドの入った基礎化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。