アトピー肌はセラミドの不足と切っても切れない関係が

セラミドとアトピー

潤いのあるトラブルのないきめ細やかな肌は、誰もが憧れるものですよね。特にアトピー症状を持つ方にとっては、少しでもそのような肌に近づきたいと努力されている方も多いでしょう。

 

アトピー肌は水分が蒸発しやすいため、皮膚がカサカサしており、さまざまな刺激を跳ね返す力が弱まっています。流行の化粧水や保湿クリームを使うと、刺激が強すぎて赤くなったりかゆみが出てしまうといった経験をした方もいらっしゃるのでは?

 

トラブルの経験が増えていくと、つい積極的なスキンケアが行いづらくなります。しかし、刺激が少なく肌の保湿力を高めてくれる成分があるので、ご紹介しましょう。

 

肌の保湿力を高めてくれる成分として、ヒアルロン酸やコラーゲン、ワセリンなどが有名ですが、その中でも最近特に注目されているのが「セラミド」です。

 

セラミドは、もともと私たちの肌に存在しているもので、細胞どうしをくっつけて水分を保つ役割をしています。しかしアトピー肌の場合このセラミドが減少しているため、潤いを保つ力が弱まり外的刺激の影響を受けやすくなってしまいます。

 

だからこそ不足しているセラミドは、積極的に補うことが大切なのです。セラミドを補うことで肌の保湿力が回復できれば、刺激に負けない健やかな肌へと徐々に改善されていくでしょう。

 

ただ、セラミドの効果が期待できる反面、肌トラブルが不安だという方もいらっしゃるでしょう。実は、セラミドの刺激は他の保湿成分よりも格段に少ないのです。

 

なぜなら、セラミドはもともと肌に含まれている成分です。外から補給しても異物として反応することがなため、刺激になりにくいというメリットがあります。このことから、さまざまな刺激に敏感になっているアトピー肌の方も、安心して使うことができるでしょう。

 

セラミドがたっぷり配合された化粧水なら、肌の保湿力はより早く改善されるのではないでしょうか。潤いのあるトラブルのない肌を目指して、セラミドの力で肌本来の強さを取り戻していきましょう。